いつも心に太陽を 唇に歌を

" 晴れ時々弾き語り、のちタコス "

3回忌の妻への弔辞

見ての通り、今年の6月後半は空梅雨でしかも熱波続きだよ。

おかげで生花はすっかりうなだれて菊とスターチス以外は1週間と持たない有り様。

 

去年、1周忌の命日にはもう店頭に並んでた清々しいリンドウの花が

今日はまだ入荷してなくて、おまけに他の花も品薄で買えなかった...。

この暑さだからかも。

2度目の本当の命日に新しい花を挿せずごめんね。

また日を置いて持って行くよ。

 

よく、人生の幸運と不運は結局最後は一方に大きく偏ることなく

プラス・マイナスゼロに近づくと言うけど

この人生はすでに身に余る"お釣り"を持って潤い過ごせることが確定してる。

 

それはあなたと夫婦になり共に1本の人生のムービーフィルムに収まれたから。

この先、生き残った自分にどんな運命が待ち受けていようと

もう怯まなくても構えなくてもいい。

 

出会ってからの24年の歳月、あなたと居られたことがこの人生の勲章です。

 

だから、過ぎ去った日々も、

今日この瞬間も、

未来に来る日も迷わず感謝しています。

 

毎日毎日、ありがとう。