いつも心に太陽を 唇に歌を

" 晴れ時々弾き語り、のちタコス "

悟りの境地

妻が亡くなってもうすぐ2年。

最近は悟りの境地に立てる様になった。

そして確信している。

 

つまり、この人生とは『感得し続ける旅』なんだと。

 

この時代にこの日本という国で普通に生きていれば

喜びだけの人生もなければ、悲しみだけの人生もない。

どんな感情も受け入れて旅を続けていけばいい。

 

自分の価値観と波長を持っていればメトロノームのように

いずれバランスを取って自ずと真ん中に戻って来れるから。

 

自分の中の奥底にある魂が語りかけて来る。

"北斗の拳"のあのセリフの様に。

 

「お前はもう、分かっている。」

(笑)