いつも心に太陽を 唇に歌を

" 晴れ時々弾き語り、のちタコス "

背筋を伸ばして

5月は本来なら温暖ですこぶる気持ちのいい季節なのに

なぜか今ひとつ心が晴れやかにならない。

その理由は、一昨年の丁度この時期に妻が独りぼっちで

10日間にわたり入院して闘病していたからだと想う。

当時すでにコロナで病院もナーバスだったから面会もままならなかった。

 

話し相手いないベッドにずっと横になってどんな気持ちでいたのかと

想うと今でも無性につらくなる。

 

だから5月が巡って来る度にそのことを想い出して暗鬱になる。

 

だけど弱音や愚痴を一切こぼさなかった妻に報いるためにも

その暗い影をくよくよと引きずってはいけないな。

 

明日から大阪出張。

背筋を伸ばす。