いつも心に太陽を 唇に歌を

" 晴れ時々弾き語り、のちタコス "

「空(くう)」と「無」の差

夢で妻に触れた。

 

横になり痛みを静かにこらえていたので

すかさず右のこめかみに指をあてマッサージする。

生前と同じ。確かに触れている感触があった。

 

夢から覚めると撫でていたのは布団の端。

寝ぼけまなこでしばらくそのまま撫で続けようとしていた。

 

最近「空(くう)」と「無」について考えることがある。

「無」は文字通り0(ゼロ)だけど「空」はそうじゃない。

もちろんどちらも実態がないことには変わりないが

「空」は"空がある"と、想えるようになった。

 

スピリチュアルや深淵な仏教の解釈を特段勉強した訳じゃない。

 

ただの肌感覚。

こっちはもう移ろい消えたのだと諦める覚悟をしているのに

まるでずっととどまってくれているような。

 

色即是空 空即是色

いるけどいない いないけどいる

 

「空」の多い人生は安寧やぬくもりが付いてまわる気がする。

「無」ばかりの人生とはたぶん全く違う。

 

そう思索してみてふと気づいた。

空海』ってスゴイ名前だと。