いつも心に太陽を 唇に歌を

" 晴れ時々弾き語り、のちタコス "

冬のストーリーあってこそ

桜の蕾は、もう夏には形づくられ次の春を待つらしい。

そして冬の寒さや凍てつく風雪に耐えたものこそが美しく花開く。

 

"休眠打破"と言う通り、

しっかりと咲くためには「寒さが必要」で、なまじっか暖冬だと

タイミングが狂ったりして上手く花が開かないと言う。

 

花見などで満開の状態を愛でることだけに慣れてしまうと

つい忘れてしまいがちだが、桜吹雪となり散り果てるまでの

ストーリーがあるのだ。

 

「今ある結果だけが全てではない」と思わせてくれる。

 

"悲しみ"、"辛さ"、"タフな時間"、"ピンチ"などが

「成長の糧」になることも教えてくれる。

 

その蕾のストーリーを知っているかどうかで

同じ桜を見ても「いとをかし」と感じる度合は変わってくる。

 

人生は予期せぬことの連続で一寸先も読めないことがある。

ましてや最後にどういう着地点に立つかなんて判然としない。

どちらかと言えば、想い望んだ通りには行かないのが常だ。

 

だからやっぱり「ストーリーあってこその人生」だと思える。

 

この冬最強の寒波が到来し、雪国のみならず九州でも積雪に。

ここ「晴れの国」にも小雪が木枯らしに舞っている。

コロナ感染者数が今日また最多を更新したとTVニュースが繰り返す。

一都三県で2度目の緊急事態宣言。関西も追随する動き。

人間界はめっきり冷え込んでいる。

 

桜の蕾は今日もまた、ただ静かに春の陽射しを待っている。

 


Amazing Grace