いつも心に太陽を 唇に歌を

" 晴れ時々弾き語り、のちタコス "

浪漫チスト

もうすぐちょうど半年となる命日。

朝晩、律儀に"般若心経"を唱えるのは続いている。

漠然と「供養になれば」ということだけで

別に仏教徒とか真言宗だからというほどの意識はない

 

クリスマスの時期になれば国中の至る所で

イルミネーションが灯され、老いも若きも浮かれ気分になる。

ほとんどの日本人はクリスチャンでもないのだが。

 

日々、そんなに小難しく考えている訳ではないが、

妻が逝ってからは否が応でも宗教について考えることが増えた。

天国や極楽浄土、神や仏、魂や死後の世界、それらが存在するのか、

今でも正直、「分からない」。

 

あえて言えば、結局、宗教は生き残った者の「浪漫」なんじゃないかと。

それが生存者のエゴから出たものだとしても、人間である以上、

「浪漫」を持つこと自体は悪いことではないはずだ。

 

ユビキタスという言葉がある。

元はラテン語「いつでもどこでも存在する」の意らしい。

イエス・キリストが時間や空間を超越して遍在(至る所に存在)する

概念から派生した。

 

独り善がりな解釈だが、神だけでなく故人の魂が「遍在」するのであれば

いつでも妻がそばにいてくれると思える。これは「浪漫」だ。

 

仏教ではご先祖様の霊魂はお盆に戻ってくるということだが、妻はご先祖ではない。

何となくだが「つかず離れず」で自分の近くで時として見守ってくれている、

今頃はそんな風に思うようにしている。

魂の見えざる手

 

この先も自分は特定の宗教・宗派を信奉することはないと思う。

でも遺影や墓石に話しかけたり、生前好きだった果物や菓子を供えて祈るのは、

特定の宗教がそうさせているのではなく、

誰しもが「自ずとそうしたくなる」からに他ならない。

 

仏教でも、キリスト教でも、何々教徒でなくても構わない。

カテゴリーにとらわれる必要はないと感じる。

 

オレが信仰する宗教はたったひとつ。

「浪漫」でいい。